--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京の水天宮に「戌の日」に安産祈願に行ってきました。

「神聖な気持ちになった」この一言につきます。

080731_140804.jpg


5ヶ月目の戌の日に皆さん行くようですが

とっても混雑いていて暑い日に妊婦には厳しいと判断し

5ヶ月目後半の仏滅の平日にだんなさまがお休みを取れたので

一緒に行ってきました。

さすが仏滅・・・空いている。

週末や大安の戌の日は境内の外や駅の方まで行列ができていて

ご祈祷していただくのも「妊婦さんか代理の人」ひとりだけ。

よってだんな様は一緒にいっても外で待つことに。

私はだんな様と一緒に祈願していただきたかったのでわざとはずしました。

私の回のご祈祷は3組のみ!もちろんみんなだんな様も同席できました。




実は、Babyができる前にここで「子授けのお守り」を頂き、お願いしました。

その甲斐あって、今こうやってBabyを授かり「安産祈願のお守り」を頂き

「子授けのお守り」はお礼参りしてお返ししました。

ご利益があったんだなって思います。



ご祈祷をしていただいてなんだか神聖な気分になりました。

守られているような。

気持ちを新たにこの子を授かれた喜び、そして無事に生まれてきますようにとお祈りしました。



境内には犬の像と子育ての河童の像があって

犬の像は頭をなでて、まわりにある自分の干支をなでるとご利益があると

聞いたのでなでてきました。みんななでているらしくピカピカでした。

河童の像もお母さん河童のまわりに良く見ると小さい子河童が3匹ついていて

子育てを願ってなでてきました。


水天宮のHPにはお参りの仕方なども載ってて予習していきました。




あなたに役立つ記事だったら アップロードファイル

にほんブログ村 マタニティーブログへ←クリックお願いします


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://olivemix.blog65.fc2.com/tb.php/146-ef17c611
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。